Slider
Slider
PICKUP CONTENTS
previous arrow
next arrow
Slider
試合結果・大会結果

5年生 11月27日 玉島杯

玉島カップの結果です。【予選リーグ】①vs東奈良 0-1②vs春日丘 0-6予選3位【順位決定戦】③vs東 2-1 6チーム中5位

コメントなし

11/28(日) 1年生以下 太田カップ

1年生以下で太田カップに参加しました。普段から練習している守り方とコーチの話を聞くをテーマに試合へ臨みました。全員がテーマを意識しながら一生懸命走りきる事ができました。順位決定戦では前半に保育園、後半 ...

コメントなし

4年生 11/23(火) 穂積カップ

4年生 11/23 穂積カップIN穂積小学校 ずっとテーマにしている、ボールを持った相手への早い寄せ、ボールを持ったら自分で前に運ぶ、顔を上げるをテーマにカップ戦を戦いました。ひとりひとりが前へドリブ ...

コメントなし

4年生 11/20(土) 4年リーグ 東FC戦

11/20 4年リーグIN西河原北グラウンド ボールを持った相手への早い寄せ、ボールを持ったら自分で前に運ぶ。いつものテーマで戦いました。ボールを持って前に運ぶ姿勢が見られ、気持ちよくプレーしていまし ...

コメントなし

5年生 11月20日 水尾杯

水尾カップ(15分ハーフ×4試合)の結果です。①vs太田 0-3②vsTAS 3-2③vs水尾 0-0④vs摂津イレブン 1-35チーム中4位でした。

コメントなし

#

春日サントスFCの指導方針

 幼稚園、保育園年中から小学校6年生までを対象で”自分で考え、目的意識を持ったサッカー”が出来ように指導をしています。

 では具体的にお話を致します。

まず春日サントスFCの指導は、創設時からの方針を変えずに継承して頂いています。

チーム全体としては

”次のプレーに移れるように止める”

”目標に向かって正確に蹴る”

 この二つのプレーを意識した繋ぐサッカーです。最近の表現をすれば”パスサッカー”でしょうか。自陣ゴール前のピンチの場面でも、ボールを大きく蹴り出す”クリアー”はしません。見方がサポートに入り、ボールを繋げます。

 監督、コーチの選手への接し方については、近年スポーツ業界に関わらずコンプライアンスや暴力行為や暴言によるパワーハラスメントについて強く言われています。当然ですが、選手に対しては理由も無く、強い口調で指示や注意をすることは絶対にありませんし、いくらスタッフが普通に話をしたと主張しても、選手が恐怖を感じたり、ご父兄の方々からご意見の出るような話し方はすぐに改善致します。

 特に低学年には、多少集中していない場合や仕方がない部分も理解できる方にしかスタッフには任命致していません。しかし高学年に対しては出来ることをやらない事があれば強く注意することはあります。

 試合会場でたまに目にする光景ですが、監督やコーチが選手に対して「右や!」「パス出せ!」「ドリブルや!」「広がれ!」と試合開始から終了まで大きな声で指示や、試合前のアップでも理由もなく「お前ら!・・・」など厳しい言葉使うコーチ、まだこれからサッカーを楽しむ、興味をもってもらうカテゴリーの選手たちに作戦ボードを使って「ここをこう動いて・・・」など選手が楽しむ事を忘れて、コーチが勝つことや優勝することに必死になって、延々と指示を伝えているコーチがいると思いますが、春日サントスFCは一切ございません。

 もちろんタイミングをみて選手に指導は行います。失敗をしてもチャレンジをした選手には皆で声援を送り、ミスをした選手のカバーをするのが春日サントスFCのサッカーです。選手の意思や気持ちを確認しながら”自分で考えてサッカーが出来る選手の育成”を前提に進めていきます。

 これには理由があります。小学生の間は、身体が大きな選手や足の速い選手がいるチームが勝ち上がっていく傾向にありますが、やがて高学年や中学校に進級すれば皆が自然と身体も大きくなり、身体的にはみんなに同じ条件が揃い、足も速くなります。そこで今まで”考えてサッカーをしていた選手”とそうでない選手には大きな違いが出てきます。相手選手を引き付けてパスを出せる、まわりをよく見て状況判断が出来る選手、足が遅くてもパスやドリブルコースを読んでゴールを奪取、など春日サントスFCのサッカーは近い将来に活躍出来るサッカーです。

 実際に春日サントスFCの高学年になれば、Jリーグ下部組織や常に全国に出場するチームと対等に試合が出来るのは、我慢強く勝負だけに拘らずに”考えてプレーをするサッカー”を積み上げていくからです。

 普段の活動では幼稚園から3年生までは、サッカーを好きになってもらう事を優先的に楽しく指導を致しますので、当然ですが出来ないプレーがあっても、練習に集中出来なくても強く注意をすることは絶対にありませんのでご安心ください。春日サントスFC主催大会を開催、近隣のチームに来て頂いてトレーニングマッチ(練習試合)を行い、4年生以上の高学年になっても基本は同じですが、この年齢ぐらいから組織的な練習や対外試合も出場していきます。

 コーチについては、指導方法の見直しなどを常に話し合いを重ね、テレビの前で試合観戦をして、評論家のような事をそのままグランドで選手達に指導して頂くと春日サントスFCの考えと違った方向に指導してしまいます。

「私の考える指導は・・・」

「私の学年は強くしたいので・・・」

とコーチの私物化にならないように、常に春日サントスFCの考えを春日サントスFCのコーチ経験者から学び継承し、子供たちの為に運営を出来るように、当然ですが春日サントスFC統一の指導方法が各年代で続いていくようにしていきます。
また、単にテクニックを磨くだけではなく、サッカーを通じて「挨拶」、「人の話を聞く」、「時間を守る」など人としての基本マナーについても指導をしています。

 最後に、お問い合わせ時によく質問される卒団生の進路についてです。

春日サントスFCは

「なぜ、土日の活動でJリーグ下部組織や強豪チームに所属出来るのか?」

 それは、試合に勝つ事や大会で優勝する事も大切かもしれませんが”自分で考え、目的意識を持ったサッカー”を子供たちに最後まで伝えているからです。

 指導者の言いなりの選手育成はしていないからだと思います。試合に勝ちたい!父兄に何か言われそう!監督やコーチにも我慢が必要なチーム方針です。

 卒団をした選手には、プロサッカー選手の西野貴治選手が活躍しています(ガンバ大阪ジュニアユース-ガンバ大阪ユース―ガンバ大阪-ジェフユナイテッド市原-ガンバ大阪-カマタマーレ讃岐)

 またここ数年は連続でJリーグ下部組織にスカウトされる選手やセレクションで合格した選手を数名輩出、強豪クラブチームには毎年のように多数所属、中体連でも1年生から3年生の試合に出場する選手は当然ですが、大阪3位(2017年度)の実績のある中体連サッカー部にレギュラーとして貢献をした実績のある選手も多数輩出しております。

 高校年代にも、ガンバ大阪ユースに昇格者も数名輩出、近年では2019年度に1名昇格が決定しています。また大阪や他府県の強豪校に進学した選手も多数輩出しています。夏のインターハイや冬の高校選手権での活躍も楽しみです。

 まず子供達には”コーチが楽しい!”と言ってもらえるような接し方で、サッカーを好きになってもらうことがスタートだと考えています。

御父兄にお願いをしている事

御父兄に関しては、以下の事をお願いしています。

御父兄の皆様は”サポーター”です。練習中や試合中に選手とサポーターは直接話をすることはありませんし、サポーターが活動内容や試合運び、選手起用に意見を言う事は出来ません。またチームも意見を聞き入れる事はありません。

以下の事をご理解下さい。

・声援は大きな声で、たくさんしてあげてください

・子供たちと一緒に自主練習をしてあげてください

・監督、コーチを批判する事は絶対におやめください

・選手個人を批判する事は絶対におやめください

・試合中に「クリアー!」「パスしろ!」などの指示はおやめください

・練習中、試合中はいかなる場合も選手にアドバイスをしないでください

・練習中、試合中はいかなる場合も選手に話しかけないでください

以上、宜しくお願いします。

 声援はたくさんしてあげてください。ご父兄の皆様が楽しんでいる事も春日サントスFCはとても大切しています。父兄間に問題があるチームが”いいチーム”であるはずがありません。

 春日サントスFCに入団している以上は、ご自身の理想やお考えもあると思いますが、当然ですが春日サントスFCの決定事項や指示に従って頂きます。

 皆様の大切な休日は、子供のプレーに声援を送り、気持ちよく新しい一週間を過ごしてほしいと考えていますの何卒よろしくお願い申し上げます。

 最後に厳しいお話で絶対にあってはいけませんが、チームはもちろんですが監督やコーチ、選手個人の批判と春日サントスFC代表が判断を下した場合は、お子様には関係ありませんが、学年や時期に関係なく退団して頂く事をご了解下さい

更新日:

Copyright© 春日サントスFC , 2021 AllRights Reserved.